協会の聴取に逆ギレ 貴乃花親方に殴打事件“隠蔽”の疑い

公開日:

 日を追うごとに新証言が飛び出し、もつれた糸がさらに複雑に絡み合ってきた日馬富士のビール瓶殴打事件。

 16日は、事件が起きた飲み会に同席していた白鵬が重い口を開き、「(日馬富士が)手を出したのは事実。ビール瓶は持ったけど、滑り落ちた。そこに私が入って止めた」と話した。

 しかし、同席していた力士に話を聞いた元小結の旭鷲山、さらに暴行を受けた貴ノ岩の兄らはメディアの取材に対し、「ビール瓶のほか、素手で30発殴られた」「灰皿やマイクも使われた」と主張するなど、互いの証言がことごとく食い違っている。一体、何が真実で、誰がウソをついているのか。

 そんな中、ひとつだけ明らかなことがある。貴乃花親方(45=元横綱)のウソがそれだ。

 日馬富士による暴行事件があったのは先月26日。その3日後の29日、貴乃花親方は警察に被害届を提出している。ところが、相撲協会が事件について知ったのは警察から連絡のあった今月2日だ。寝耳に水の協会は翌3日、殴った日馬富士と殴られた貴ノ岩、日馬富士の師匠、伊勢ケ浜親方(57=元横綱旭富士)と貴乃花親方に電話をし、ヒアリングを行っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る