日馬富士の素顔と評判…油絵が得意な院生横綱がなぜ暴行

公開日: 更新日:

 単なる相撲バカではない。

 角界入り後、モンゴルの国立法科大学通信課程へ。日本とモンゴルの法律の違いを卒論のテーマに2013年春、卒業。モンゴルで警察官と弁護士になる資格を得ると、翌14年からは法政大大学院政策創造研究科に通う。角界初の院生横綱でもある。

 絵がうまく、中でも油絵は玄人はだし。銀座の有名画廊で絵画展を開いたこともある。

 慈善活動に熱心で、モンゴル国内では心臓病の子供への医療支援も行っている。「相撲に限らず、さまざまなことを知っている人間になりたい」のだという。

 身長186センチ、体重137キロ。相撲取りとしてはきゃしゃな体格にもかかわらず、横綱に上りつめた。

「とにかく稽古熱心。支度部屋でも両耳にイヤホンをしたまま体を動かしていて、こちらが声を掛けるのがはばかられるほど集中している」とは相撲担当記者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る