• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日馬富士の素顔と評判…油絵が得意な院生横綱がなぜ暴行

 単なる相撲バカではない。

 角界入り後、モンゴルの国立法科大学通信課程へ。日本とモンゴルの法律の違いを卒論のテーマに2013年春、卒業。モンゴルで警察官と弁護士になる資格を得ると、翌14年からは法政大大学院政策創造研究科に通う。角界初の院生横綱でもある。

 絵がうまく、中でも油絵は玄人はだし。銀座の有名画廊で絵画展を開いたこともある。

 慈善活動に熱心で、モンゴル国内では心臓病の子供への医療支援も行っている。「相撲に限らず、さまざまなことを知っている人間になりたい」のだという。

 身長186センチ、体重137キロ。相撲取りとしてはきゃしゃな体格にもかかわらず、横綱に上りつめた。

「とにかく稽古熱心。支度部屋でも両耳にイヤホンをしたまま体を動かしていて、こちらが声を掛けるのがはばかられるほど集中している」とは相撲担当記者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る