日馬富士の素顔と評判…油絵が得意な院生横綱がなぜ暴行

公開日:

 単なる相撲バカではない。

 角界入り後、モンゴルの国立法科大学通信課程へ。日本とモンゴルの法律の違いを卒論のテーマに2013年春、卒業。モンゴルで警察官と弁護士になる資格を得ると、翌14年からは法政大大学院政策創造研究科に通う。角界初の院生横綱でもある。

 絵がうまく、中でも油絵は玄人はだし。銀座の有名画廊で絵画展を開いたこともある。

 慈善活動に熱心で、モンゴル国内では心臓病の子供への医療支援も行っている。「相撲に限らず、さまざまなことを知っている人間になりたい」のだという。

 身長186センチ、体重137キロ。相撲取りとしてはきゃしゃな体格にもかかわらず、横綱に上りつめた。

「とにかく稽古熱心。支度部屋でも両耳にイヤホンをしたまま体を動かしていて、こちらが声を掛けるのがはばかられるほど集中している」とは相撲担当記者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る