白鵬はビール瓶否定 貴乃花親方“怪行動”の謎は深まる一方

公開日:  更新日:

 横綱日馬富士の暴行問題で、横綱白鵬が16日の朝稽古後に取材に応じ、現場への同席を認めて謝罪。日馬富士が貴ノ岩に「手を出したのは事実」としながらも、「(ビール瓶を)持ったのは持ったが滑り落ちた」と語り、ビール瓶での殴打を否定した。

 すでに鳥取県警は現場の飲食店など関係者の事情聴取を開始。傷害容疑で捜査し、日馬富士の聴取時期などの検討を進め、同席していた白鵬、鶴竜2横綱ら他の力士からも聴取し、事実関係を確認するという。

 九州場所を休場している日馬富士は、15日、いったん帰京後、再び福岡へ戻る“怪行動”。所属の伊勢ケ浜部屋に入る際、報道陣の問い掛けには無言を貫いた。

 また、現場に同席した関脇照ノ富士が九州場所5日目(16日)から休場。秋場所で陥落した大関復帰は消えた。同席した幕内力士の休場は実に4人目となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  10. 10

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

もっと見る