日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サウジ記者が見た日本代表 本田は“かつてのエース”の印象

 ロシアW杯最終予選サウジアラビア戦(日本時間6日)の取材に赴いたサッカージャーナリスト元川悦子氏が、現地記者に「11年前にアナタに取材されました」と話し掛けられた。元川氏が、オシム日本代表を追い掛けて06年9月3日のアジア杯サウジ戦を取材した際、情報交換を行った有力紙「AL Eqtisadiah」のハリド・アリ記者にハリルホジッチ日本について聞いた。

 サウジ戦前にアリ記者は「後半から背番号19のFWアル・ムワラドが入ると流れがガラリと変わる。サウジが勝つよ」と堂々と予言していた。

「日本は高温多湿のジッダで移動を伴う中4日のゲームを強いられたが、前半は危ない場面をつくらせずに安定した戦いだった。サウジも前半0―0でOK。(オランダ人の)ファン・マルバイク監督は後半勝負のシナリオを描いていた。爆発的スピードのアル・ムワラドという切り札投入に自信があったからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事