ベテラン記者も懸念 森保新代表監督を待つ東京五輪の重圧

公開日:

 2020年東京五輪男子サッカーの日本代表監督、森保一・前広島監督(49)の就任記者会見が30日、日本サッカー協会で行われた。 

 地味で真面目と評される森保監督。「全身全霊をもって向かう」など硬いコメントを連発。東京五輪本大会では「自国開催で期待されるのはメダル。獲得できるように頑張りたい」と話した。

「会見中に森保監督の頬が緩んだのは、同席した技術委員会・西野朗委員長が、96年アトランタ五輪に監督として出場した際の『本大会前にサッカー協会やJOCに(強化策など)たくさんの強い要望を出したことで奇人・変人扱いされた』と話した場面と、会見終了後にカメラマンから『笑顔をお願いします』とオーダーされた時くらい」(マスコミ関係者)

 もともとJ時代からカリスマ性とは無縁。知名度も低く、テレビ局などから「もっと華のある監督の方がよかった」という声も聞こえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る