ベテラン記者も懸念 森保新代表監督を待つ東京五輪の重圧

公開日: 更新日:

 2020年東京五輪男子サッカーの日本代表監督、森保一・前広島監督(49)の就任記者会見が30日、日本サッカー協会で行われた。 

 地味で真面目と評される森保監督。「全身全霊をもって向かう」など硬いコメントを連発。東京五輪本大会では「自国開催で期待されるのはメダル。獲得できるように頑張りたい」と話した。

「会見中に森保監督の頬が緩んだのは、同席した技術委員会・西野朗委員長が、96年アトランタ五輪に監督として出場した際の『本大会前にサッカー協会やJOCに(強化策など)たくさんの強い要望を出したことで奇人・変人扱いされた』と話した場面と、会見終了後にカメラマンから『笑顔をお願いします』とオーダーされた時くらい」(マスコミ関係者)

 もともとJ時代からカリスマ性とは無縁。知名度も低く、テレビ局などから「もっと華のある監督の方がよかった」という声も聞こえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る