巨人亀井が年俸5100万円更改 来季は“便利屋”が生きる道

公開日:

 巨人の亀井善行(35)が22日、契約更改交渉を行い、200万円アップの年俸5100万円でサインした。今季は109試合の出場で得点圏打率.382、代打打率.342、17打点と勝負強さを発揮。自身初の一軍フル帯同を果たした。

 巨人は今オフ、中日から本塁打王のゲレーロを獲得。ポジションは左翼が濃厚で中堅・陽、右翼・長野で外野のレギュラーはほぼ固まった。「外野は埋まったので、どうやって生きていこうかなと。だから1打席をムダにしたくない。得点圏で打ちたい。信頼してもらって、いい場面で打てるように。競争だろうけど、現実を見て自分のポジションを確立して、若手のバックアップをしていきたい」とベテランらしく、補強は慣れっこな様子である。

 かつては高橋由伸監督と共に沖縄で自主トレを行い、遠征先での食事に付き合う「一番弟子」だった。そんな亀井も来年36歳。もしダメなら、契約最終年の「師匠」と一緒に「引退」の可能性もある年齢になってきた。

 指揮官の延命に貢献する「チャンスでの一打」、重信ら「若手の指導役」、ゲレーロがコケた場合の「代役レギュラー」――。困った時のカメ頼みならぬ、「便利屋」としての働きを、高橋監督からは求められている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る