• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゲレーロに守備不安 巨人の来季成績は陽岱鋼の「足」次第

 この男の「足」が来季のカギを握る――。18日に現状維持の3億円で契約更改交渉を終えた巨人の陽岱鋼外野手(30)のことだ。

 日本ハム時代の13年に47盗塁でタイトルを取った俊足ながら、今季はわずか4盗塁。本人は「寂しいですよね」と苦笑いする。今季は下半身の故障で出遅れたため、復帰後も全力疾走しない場面があった。「来季は(盗塁数)チームトップを取りたい」と目標にするが、同じ「足」でも、高橋由伸監督からは盗塁以上に求められるものがあるという。

「新助っ人のゲレーロは、中日では三塁でスタートを切りながら、グラブさばきにもスローイングにも難ありということで、すぐにクビになって左翼へ回った。ここでも守備範囲の狭さが問題になったものの、隣の中堅には俊足でゴールデングラブ賞の常連・大島がいたから、左中間の打球をかなり深追いしてカバーしていた。巨人で『お隣さん』になる中堅の陽には、左翼に入ることが濃厚な新助っ人のカバーが期待されています」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事