• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カモが味方に…巨人入りゲレーロに「ただの人」化の懸念

 今季のセ・リーグ本塁打王で前中日のアレックス・ゲレーロ(31)の入団が決まった巨人が「4番は決まり」と大喜びしている。

 今季は狭い東京ドームを本拠地にしながら、リーグで唯一20本塁打以上の打者がゼロという長打力不足に泣いた。ゲレーロは新たなホーム球場になる「東京ドームが好き」と言っているそうだ。ここでの成績は打率.317、2本塁打。ただ、巨人戦全体でも.301、6本を放っており、東京ドームというより、「カモ」だった巨人の投手陣が好きだったことになる。その「お得意さま」は、来季は味方になる。

 単純計算で、今季の成績から巨人戦の数字を差し引くと、打率.279→.273、86→71打点、35→29本塁打。ゲレーロからすれば、広いナゴヤドームから本拠地が狭くなっても、お得意さまとの対戦カードが1つ減るのは痛いところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事