カモが味方に…巨人入りゲレーロに「ただの人」化の懸念

公開日:

 今季のセ・リーグ本塁打王で前中日のアレックス・ゲレーロ(31)の入団が決まった巨人が「4番は決まり」と大喜びしている。

 今季は狭い東京ドームを本拠地にしながら、リーグで唯一20本塁打以上の打者がゼロという長打力不足に泣いた。ゲレーロは新たなホーム球場になる「東京ドームが好き」と言っているそうだ。ここでの成績は打率.317、2本塁打。ただ、巨人戦全体でも.301、6本を放っており、東京ドームというより、「カモ」だった巨人の投手陣が好きだったことになる。その「お得意さま」は、来季は味方になる。

 単純計算で、今季の成績から巨人戦の数字を差し引くと、打率.279→.273、86→71打点、35→29本塁打。ゲレーロからすれば、広いナゴヤドームから本拠地が狭くなっても、お得意さまとの対戦カードが1つ減るのは痛いところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る