• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エ軍は大谷仕様ローテも…二刀流への期待に“反動”の懸念

「やり遂げたという感じではない」

 エンゼルス入りの決まった大谷翔平(23)が25日、札幌ドームで行われたサヨナラ会見で投打の二刀流についてこう言った。

「ここ(日本ハム)に来ると決めたときは栗山監督をはじめ、ごく少数の人たちしか本当にできると思って行動してくれていなかったと思いますし、そういう考えを持ってくれている人が周りにいたのは僕にとってラッキーだった。そこがすべて」と周囲に感謝しながらも、自らの二刀流に関しては、「まだまだ道の途中」という認識なのだ。

 実際、フロントや首脳陣の中には「大谷は真の二刀流をやっていない」との声がある。過去5年、投手として年間通じて先発ローテを守った経験は一度もない。最も多く投げたのは15年の160.2回だ。ケガをしたとき以外は投手優先の起用だったから、野手として打席に立ち続けたわけでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る