エ軍は大谷仕様ローテも…二刀流への期待に“反動”の懸念

公開日:

「やり遂げたという感じではない」

 エンゼルス入りの決まった大谷翔平(23)が25日、札幌ドームで行われたサヨナラ会見で投打の二刀流についてこう言った。

「ここ(日本ハム)に来ると決めたときは栗山監督をはじめ、ごく少数の人たちしか本当にできると思って行動してくれていなかったと思いますし、そういう考えを持ってくれている人が周りにいたのは僕にとってラッキーだった。そこがすべて」と周囲に感謝しながらも、自らの二刀流に関しては、「まだまだ道の途中」という認識なのだ。

 実際、フロントや首脳陣の中には「大谷は真の二刀流をやっていない」との声がある。過去5年、投手として年間通じて先発ローテを守った経験は一度もない。最も多く投げたのは15年の160.2回だ。ケガをしたとき以外は投手優先の起用だったから、野手として打席に立ち続けたわけでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る