• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金満カブスも名乗り 5球団が繰り広げるダル争奪戦の行方

 ドジャースからFAになっているダルビッシュ有(31)がモテモテだ。エース級の補強を目指す球団からのラブコールが相次いでいるのだ。

 すでに「今オフの優先事項」とするツインズ、今季世界一のアストロズの2球団が、代理人のジョエル・ウルフ氏と接触。ここにきて、ナ・リーグ中地区の老舗であるカブスやブルワーズが獲得に名乗りを上げた。複数の米メディアによると、古巣レンジャーズも含めて5球団による争奪戦が展開されているという。

 ダルは過去6年間で、131試合に登板し56勝42敗、防御率3.42。800イニング以上投げた投手では歴代最高の奪三振率(29.7%)をマークしている。今オフのFA市場の目玉と位置付けられるのは当然だ。

 その一方で、今季のワールドシリーズで2戦連続2回を持たずにKOされるなど、大舞台でのもろさを指摘するGMがいるのも事実である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事