• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あるか45歳イチローの移籍先…メジャー通は厳しい見通し

 ベテラン外野手の移籍先が決まらない。

 今オフ、マーリンズから再契約を見送られたイチロー(44)。代理人を務めるジョン・ボッグス氏は「(マーリンズを除く)29球団と連絡を取っている」と話していたが、進展した気配はない。

 メジャー最年長野手としてプレーした今季は136試合に出場して打率2割5分5厘、3本塁打、20打点、1盗塁。来年45歳の力の衰えが著しいベテランを獲得する球団はあるのか。

「年齢的にメジャー契約を交わすのは厳しいでしょう。ベテランはマイナー契約で、招待選手としてキャンプに参加し、オープン戦で結果を残せなければ契約解除というケースが大半。日本球界復帰がなければ、イチローは来春のキャンプで開幕ロースター入りを目指すことになりそうです」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る