いまだオファーなし G戦力外の村田に迫るタイムリミット

公開日:

 巨人を戦力外となった村田修一(36)が26日、現況を語った。

 約1カ月ぶりに公の場に姿を現し、「野球は続けたい。ずっと(オファー)待ちの態勢は変わらない。待ちながら体を動かして、いつ呼ばれてもいい準備を年明けからしていきたい。海外の可能性? いや、NPB(日本の12球団)でと考えている」と、いまだ日本のプロ球団からオファーがないことを明かし、米国、韓国、台湾などの海外や独立リーグなどの選択肢は否定した。

「でも(待つ)リミットは決めないといけない。今はまだ決める段階ではないけど、徐々に他の球団の動きが見えてくるし、年が明けて練習しながらどこまで待つか、いずれ決めないといけない」と見通しを話した。

 古巣巨人の関係者は「残り135本となっている2000安打が個人的な目標だから、行き先はNPB限定で当然。リミットは、移籍期限としては来年7月いっぱいだが、家族もいるし、そこまでは待たないでしょうね。これから来春のキャンプに呼ばれてテストを受ける可能性があるものの、逆にキャンプ終了後に決まっていなければ、かなり焦る。現実的には待っても開幕前まで。リミットは3月いっぱいになるのではないか」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る