• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いまだオファーなし G戦力外の村田に迫るタイムリミット

 巨人を戦力外となった村田修一(36)が26日、現況を語った。

 約1カ月ぶりに公の場に姿を現し、「野球は続けたい。ずっと(オファー)待ちの態勢は変わらない。待ちながら体を動かして、いつ呼ばれてもいい準備を年明けからしていきたい。海外の可能性? いや、NPB(日本の12球団)でと考えている」と、いまだ日本のプロ球団からオファーがないことを明かし、米国、韓国、台湾などの海外や独立リーグなどの選択肢は否定した。

「でも(待つ)リミットは決めないといけない。今はまだ決める段階ではないけど、徐々に他の球団の動きが見えてくるし、年が明けて練習しながらどこまで待つか、いずれ決めないといけない」と見通しを話した。

 古巣巨人の関係者は「残り135本となっている2000安打が個人的な目標だから、行き先はNPB限定で当然。リミットは、移籍期限としては来年7月いっぱいだが、家族もいるし、そこまでは待たないでしょうね。これから来春のキャンプに呼ばれてテストを受ける可能性があるものの、逆にキャンプ終了後に決まっていなければ、かなり焦る。現実的には待っても開幕前まで。リミットは3月いっぱいになるのではないか」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る