由伸監督は盟友 カブスFA上原浩治を“冷戦中”の巨人が注視

公開日:

 カブスからFAになった上原浩治(42)が24日、TBS系「サンデーモーニング」に登場した。6年連続で年末の恒例となっている出演で、ご意見番の張本勲氏(77)に「メジャー嫌いの張さんに喝です」とやると、「もう米国に9年もいるんだから、早く帰ってきてくれよ」と逆に日本球界復帰を頼まれ、苦笑いするしかなかった。

 今季は首の故障などもあり、49試合で3勝4敗2セーブ、防御率3・98。自身の去就について「まだ決まってない。(来年の)1月、2月までかかると思う」と長期戦を視野に入れているようだ。

 そんな上原の動向を毎年、注視しているのは古巣巨人だ。鹿取GMはすでに年内の補強終了を示唆しているが、さるチーム関係者は「OBの上原なら話は別」とこう続けるのだ。

「毎年調査していますよ。リリーフ陣ではマシソン、カミネロの残留が決まったものの、先発陣より脆弱なリリーフ陣はもともと補強ポイント。ましてや上原は巨人の元大エース。コーチ的な役割も含めて低迷しているチームに必要との声もある。なんといっても、高橋由伸監督と同い年の盟友ですからね。ただ、球団には最後の“死に場所”を与える準備があるのに、肝心の本人にその気がないみたいなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る