メジャー27球団が争奪戦 大谷の二刀流の源泉は「鈍感力」

公開日:

「今年、何度かメジャー挑戦について聞いたときも、決まって『行きます』という返事でした」

 エンゼルス入団の決まった大谷翔平(23)について、こう言うのはある知人だ。

「日本ハムは今季、去年の日本一からリーグ5位に転落した。大谷が右足首と左太ももの故障で離脱した影響も少なからずあったのに、本人の気持ちはとにかくメジャー挑戦の夢をかなえる一心でかたまっていたように思う。チームに迷惑をかけたからメジャー行きを1年遅らせるとか、そういう考えはまったくなかったようです」

 この5年間、投手と野手の二刀流に挑戦。当然のことながら負担は大きく、ときに体の一部が悲鳴を上げたことも。先発ローテを変更したがために他の投手陣にシワ寄せがいくケースもあったとはいえ、本人にそういった自覚はなかったと周囲はみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る