大谷“投手成功”は硬いマウンドと滑るボールの対応がカギ

公開日:

「状態は今いい。キャッチボールもそこそこやれている」

 先日、大谷翔平は10月にPRP(多血小板血漿)治療を受けた右ヒジの現状をこう語った。

 軽度の内側側副靱帯損傷がわかり、あくまで予防的措置という。靱帯が無傷であるに越したことはないが、投手をやっている以上、軽度の損傷はつきものだ。何より大谷がメジャーで成功する上でカギを握るのは、日本とは違うマウンドとボールへの対応だろう。

 日本と比べてメジャーのマウンドはかなり硬い。日本ハムの本拠地・札幌ドームのマウンドも12球団の中では赤土で硬いとされているが、メジャーでは「クレーベース」というレンガを崩したような粘土質の硬い土で造られている。公式球についても縫い目が高い上に一定でなく、革質も滑りやすい。スライダーなど横の変化は日本の統一球より曲がりやすく、フォークなど縦の変化は落ちづらいといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  9. 9

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る