• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初ブルペンの涌井は第1子誕生が復活へのモチベーション

 独自調整が認められている涌井が6日、キャンプ初のブルペン入り。捕手を立たせて、フォームを確認しながら約30球を投げた。

 昨オフはメジャー移籍のためにFA権を行使。基本的にFA残留は認めていないロッテが夢の挑戦を認めたのは、「涌井が求める条件での契約は厳しい」とみていたからだとの声もある。

 確かに、5勝11敗、防御率3.99の31歳がメジャー挑戦というのも無理があった。

 再契約した際には「井口監督を胴上げするために投げたい」と言った涌井は今月下旬、第1子の出産を控えている。今のロッテに優勝を求めるのは酷だが、ミルク代を稼ぐために自身4度目の最多勝を取れば、井口監督も文句はなかろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る