燕バレンティン 本塁打王奪還モチベーションは第2子願望

公開日: 更新日:

「明るいのはいつものことだが、今年は真面目に取り組んでいるのが印象的」

 キャンプを視察する評論家が口を揃えてこう言うのはバレンティン(33)のことだ。この日は、ランチタイムに行われたフリー打撃で鋭い打球を連発。最後は左翼後方の防球ネットを越える特大飛球も放った。

 小川監督も仕上がり具合のよさを認める8年目の助っ人は今季、例年以上にモチベーションが高い。昨オフに新たに結んだ契約条件は年俸300万ドル(約3億3000万円)の単年。「長く日本でプレーしたい」との希望を持っているそうだが、今年の成績が悪ければクビになる。

 しかし、やる気満々の一番の理由は、長女の他に、もうひとり子供が欲しいこと。今季はホームランをガンガン打って、オフには年俸大幅アップの契約更新と第2子誕生を夫人とともに祝いたい。

 最後に本塁打のタイトルを取ったのは60本打った2013年。5年ぶりの本塁打王もあるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る