• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム清宮の胃袋も満たす アリゾナキャンプの充実食生活

 朝7時、日本ハムの選手たちの朝食が始まる。

 バイキング形式でご飯や味噌汁、漬物、納豆、サラダ、焼き魚など、アメリカにいながら日本と変わらない食事が用意されている。

 清宮幸太郎(18=早実)も朝から3食、和食中心の料理で胃袋を満たし、「何でもおいしいです。日々、いろいろメニューが変わっていたり、飽きないようにしてくれている。お米とか日本で食べるようなものですし、ランチのときは野菜とカレーを盛り過ぎました」と話している。

 食事会場は練習施設のクラブハウス内。昼はカレーライスや麺類、夜ともなると10種類以上の料理が並ぶ。

「肉や野菜、バランスよくいろいろ用意したいと思っています。調味料や器具など、店一軒を出せるくらいのものは準備しています」


 こう話すのは調理を担当する水原英政さん。仕込みは早朝5時から。アリゾナキャンプでは、3年連続で厨房を任されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る