日ハム清宮の胃袋も満たす アリゾナキャンプの充実食生活

公開日: 更新日:

 朝7時、日本ハムの選手たちの朝食が始まる。

 バイキング形式でご飯や味噌汁、漬物、納豆、サラダ、焼き魚など、アメリカにいながら日本と変わらない食事が用意されている。

 清宮幸太郎(18=早実)も朝から3食、和食中心の料理で胃袋を満たし、「何でもおいしいです。日々、いろいろメニューが変わっていたり、飽きないようにしてくれている。お米とか日本で食べるようなものですし、ランチのときは野菜とカレーを盛り過ぎました」と話している。

 食事会場は練習施設のクラブハウス内。昼はカレーライスや麺類、夜ともなると10種類以上の料理が並ぶ。

「肉や野菜、バランスよくいろいろ用意したいと思っています。調味料や器具など、店一軒を出せるくらいのものは準備しています」


 こう話すのは調理を担当する水原英政さん。仕込みは早朝5時から。アリゾナキャンプでは、3年連続で厨房を任されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る