復活目指す阪神・藤浪 今季占う“死球1発目”後のメンタル

公開日: 更新日:

 ブルペンだけでは分からない。

 昨季の藤浪は制球難から登板11試合で3勝止まり。二軍にも落ちた。1月は米国で、ダルビッシュやドジャースのエース、カーショーと合同トレを行い、肉体と投手脳を鍛えた。

 キャンプ初日からブルペンに入り、打席に人を立たせて、早くもクイックモーションでも投げている。真っすぐには力もあり、その投球を見る限り、59イニングで45四球、8死球という昨年の数字は嘘のようだ。

 しかし、藤浪の投球を見たあるOBは「ブルペンだけでは信用できない」と、こう続けた。

「昨年は、4月にヤクルト畠山への顔面死球で乱闘劇を招き、内角へ投げられなくなったが、14年はリーグ最多死球(11個)で2ケタ勝っている。しかも15年は、四死球がともにリーグワースト(82個、11個)でも、4完封を含む14勝で奪三振のタイトルも取った。これが藤浪本来の姿です。昨年は、打者に当ててはいけないという心理から逃げの投球になり、内角へ投げるときは拒否反応のためか、よくすっぽ抜けた。今後注目すべきは、実戦で打者に一発当てた後です。肩や脇腹などにぶつけても、ケロリとして内角に投げ続けることができなければ完全復活は遠いでしょう」

 そもそも荒れ球が武器とはいえ、打者にとって嫌な投手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る