復活目指す阪神・藤浪 今季占う“死球1発目”後のメンタル

公開日: 更新日:

 ブルペンだけでは分からない。

 昨季の藤浪は制球難から登板11試合で3勝止まり。二軍にも落ちた。1月は米国で、ダルビッシュやドジャースのエース、カーショーと合同トレを行い、肉体と投手脳を鍛えた。

 キャンプ初日からブルペンに入り、打席に人を立たせて、早くもクイックモーションでも投げている。真っすぐには力もあり、その投球を見る限り、59イニングで45四球、8死球という昨年の数字は嘘のようだ。

 しかし、藤浪の投球を見たあるOBは「ブルペンだけでは信用できない」と、こう続けた。

「昨年は、4月にヤクルト畠山への顔面死球で乱闘劇を招き、内角へ投げられなくなったが、14年はリーグ最多死球(11個)で2ケタ勝っている。しかも15年は、四死球がともにリーグワースト(82個、11個)でも、4完封を含む14勝で奪三振のタイトルも取った。これが藤浪本来の姿です。昨年は、打者に当ててはいけないという心理から逃げの投球になり、内角へ投げるときは拒否反応のためか、よくすっぽ抜けた。今後注目すべきは、実戦で打者に一発当てた後です。肩や脇腹などにぶつけても、ケロリとして内角に投げ続けることができなければ完全復活は遠いでしょう」

 そもそも荒れ球が武器とはいえ、打者にとって嫌な投手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る