鈴木誠也は1億円に届かず…若手には堅い広島の“財布の紐”

公開日: 更新日:

「お金は何とも思っていない。早く野球がしたいです」

 殊勝にこう言ったのは広島鈴木誠也(23)。29日に契約更改を行い、3000万円増の9000万円でサインした。

 今季途中から4番を任され、115試合に出場、打率・300、26本塁打、90打点。8月下旬の試合中に右足首を骨折して離脱したものの、2年連続で打率3割、25本塁打、90打点以上をクリアし、守備、走塁面でもリーグ2連覇に貢献。若き主砲はリハビリを経て、来季も4番を務める意思を明かしたが、1億円の大台には届かなかった。

 ケガで離脱した期間があったとはいえ、鈴木ほどの活躍をすれば他球団なら間違いなく1億円に到達していただろう。

「高卒5年目の誠也は、まだ2年しか活躍していない。広島は昔から、若いうちは給料が上がらない。日本人選手の平均年俸はリーグ11位(2767万円)というのを見ても明らか。その分、功労者ともなれば長い目で面倒を見てくれるし、最近はそれでももらえるようになった方です」とは、広島OBの弁。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る