日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鈴木誠也は1億円に届かず…若手には堅い広島の“財布の紐”

「お金は何とも思っていない。早く野球がしたいです」

 殊勝にこう言ったのは広島の鈴木誠也(23)。29日に契約更改を行い、3000万円増の9000万円でサインした。

 今季途中から4番を任され、115試合に出場、打率・300、26本塁打、90打点。8月下旬の試合中に右足首を骨折して離脱したものの、2年連続で打率3割、25本塁打、90打点以上をクリアし、守備、走塁面でもリーグ2連覇に貢献。若き主砲はリハビリを経て、来季も4番を務める意思を明かしたが、1億円の大台には届かなかった。

 ケガで離脱した期間があったとはいえ、鈴木ほどの活躍をすれば他球団なら間違いなく1億円に到達していただろう。

「高卒5年目の誠也は、まだ2年しか活躍していない。広島は昔から、若いうちは給料が上がらない。日本人選手の平均年俸はリーグ11位(2767万円)というのを見ても明らか。その分、功労者ともなれば長い目で面倒を見てくれるし、最近はそれでももらえるようになった方です」とは、広島OBの弁。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事