観光気分のクラブ社長がエミレーツとの契約をブチ壊した

公開日:

 UAEのドバイに本社を構えるエミレーツ航空といえば、サッカー界屈指の高級ブランド。

 スペインのレアル・マドリード、英プレミアのアーセナル、フランスのパリSG、セリエAのミランなどユニホームの胸にロゴが入っている。

「たとえばアーセナルでは06年にスタジアムの命名権を年間1億5000万円で契約。本拠地球場はエミレーツ・スタジアムと呼ばれている。それから胸スポンサー契約などが加わった。14年に見直しを行い、胸スポンサー料だけで5年総額225億円。命名権は28年まで延長された。金額もさることながら、エミレーツのスポンサードを受けるということは、由緒正しき強豪クラブとして認知されたことに他ならず、世界中のクラブにとってエミレーツは垂涎の的です」(放送関係者)

 その強大ブランドがJリーグのあるクラブに白羽の矢を立て、スタジアム命名権と胸スポンサーなど巨額の契約話が進められたが、そのクラブの社長の不手際で水泡に帰したともっぱら。前出の放送関係者が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  9. 9

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  10. 10

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

もっと見る