六川亨の目 コロンビア戦で勝ち点1ゲットするための戦術

公開日:

 相反する思いにとらわれながら、ロシアW杯グループリーグの組み合わせ抽選会を見守った。

「決勝トーナメント進出のためにもくみしやすい相手に恵まれて欲しい」

「真剣勝負の場で優勝候補と真っ向勝負。ジャイアントキリング(大どんでん返し)を見せてもらいたい」――。

 抽選がどんどん進んでいき、読み上げられていない国は、お隣の韓国と日本だけとなった。その時点で“空白”となっているのはドイツ、メキシコ、スウェーデンが入ったF組とコロンビア、セネガル、ポーランドが入ったH組。韓国のF組が決まり、つい「何だかなぁ~」というセリフが口をついて出てしまった。

 せめて1試合は「ドイツ、ブラジル、アルゼンチン、フランスなどW杯を制覇した経験のある強国に向かっていくハリルホジッチ日本代表が見たかった」というのは、大方のサッカーファンに共通する思いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る