六川亨の目 コロンビア戦で勝ち点1ゲットするための戦術

公開日: 更新日:

 相反する思いにとらわれながら、ロシアW杯グループリーグの組み合わせ抽選会を見守った。

「決勝トーナメント進出のためにもくみしやすい相手に恵まれて欲しい」

「真剣勝負の場で優勝候補と真っ向勝負。ジャイアントキリング(大どんでん返し)を見せてもらいたい」――。

 抽選がどんどん進んでいき、読み上げられていない国は、お隣の韓国と日本だけとなった。その時点で“空白”となっているのはドイツ、メキシコ、スウェーデンが入ったF組とコロンビア、セネガル、ポーランドが入ったH組。韓国のF組が決まり、つい「何だかなぁ~」というセリフが口をついて出てしまった。

 せめて1試合は「ドイツ、ブラジル、アルゼンチン、フランスなどW杯を制覇した経験のある強国に向かっていくハリルホジッチ日本代表が見たかった」というのは、大方のサッカーファンに共通する思いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る