六川亨の目 コロンビア戦で勝ち点1ゲットするための戦術

公開日:

 相反する思いにとらわれながら、ロシアW杯グループリーグの組み合わせ抽選会を見守った。

「決勝トーナメント進出のためにもくみしやすい相手に恵まれて欲しい」

「真剣勝負の場で優勝候補と真っ向勝負。ジャイアントキリング(大どんでん返し)を見せてもらいたい」――。

 抽選がどんどん進んでいき、読み上げられていない国は、お隣の韓国と日本だけとなった。その時点で“空白”となっているのはドイツ、メキシコ、スウェーデンが入ったF組とコロンビア、セネガル、ポーランドが入ったH組。韓国のF組が決まり、つい「何だかなぁ~」というセリフが口をついて出てしまった。

 せめて1試合は「ドイツ、ブラジル、アルゼンチン、フランスなどW杯を制覇した経験のある強国に向かっていくハリルホジッチ日本代表が見たかった」というのは、大方のサッカーファンに共通する思いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る