ヤングマンにも浮上の目 上原加入でG外国人枠争い熾烈に

公開日:

 米メジャーのカブスから上原浩治(42)が10年ぶりに巨人に復帰したことで、「4」を巡る一軍の外国人枠争いが熾烈になってきた。

 上原は昨季、カブスで49試合に登板して3勝4敗2セーブ、防御率3.98。メジャー9年間で95セーブを挙げた。斎藤投手総合コーチは「マシソン、カミネロも順調。その前(七回)とか間(八回)に挟んでもいいかな」と勝利の方程式の一角として七、八回を託す構想を明かしている。

 ただ、外国人枠争いは決定事項ではない。新助っ人で4番候補のゲレーロ、マギーは当確としている高橋由伸監督(42)は「リリーフのマシソン、カミネロの2人も堅い」としながらも、「でもそこに日本人投手が代わりに入ってくれれば、もしかしたら違った形になるかもしれない」と春季キャンプ中、日刊ゲンダイのインタビューで語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  9. 9

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  10. 10

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

もっと見る