施術ミスの“被害者” G澤村が剛球連発で猛アピールの胸中

公開日: 更新日:

 右肩痛で昨季を棒に振った巨人の澤村拓一(29)が4日、ヤクルトとのオープン戦でちょうど1年ぶりとなる一軍登板。150キロの剛球を連発し、復活をアピールした。

 七回からマウンドに上がると、畠山にオール直球勝負を挑み、5球目の152キロで右飛に。続く山崎をこの日最速の153キロで空振り三振。中村も遊ゴロに仕留めて3者凡退に片づけた。

 全15球で150キロ超えは11球。「まずはホッとした。力むなと思っても絶対に無理。力みたおしてやろうと思った」と振り返った澤村に、高橋監督は「非常に期待したい」と笑顔だった。

 昨年はキャンプから右肩の不調を訴え、その後に球団トレーナーの鍼治療による「長胸神経の麻痺」が発覚。球団が謝罪する事態に発展した。

 選手生命に影響しかねないミスの“被害者”にもかかわらず、「なぜトレーナーをかばわなかったのか」とチーム内ではむしろ、澤村を責めるような声もあった。それでも地道にリハビリを続け、今春のキャンプでも静かに牙を研いでいたが、ここにきて球団は同じリリーフの上原(前カブス)の獲得に動いている。復活に向けて手応えをつかんだ矢先のことだけに、複雑な心境だろう。

 これまでのそんな鬱憤が詰まっているような、この日の剛球連発だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る