施術ミスの“被害者” G澤村が剛球連発で猛アピールの胸中

公開日:

 右肩痛で昨季を棒に振った巨人の澤村拓一(29)が4日、ヤクルトとのオープン戦でちょうど1年ぶりとなる一軍登板。150キロの剛球を連発し、復活をアピールした。

 七回からマウンドに上がると、畠山にオール直球勝負を挑み、5球目の152キロで右飛に。続く山崎をこの日最速の153キロで空振り三振。中村も遊ゴロに仕留めて3者凡退に片づけた。

 全15球で150キロ超えは11球。「まずはホッとした。力むなと思っても絶対に無理。力みたおしてやろうと思った」と振り返った澤村に、高橋監督は「非常に期待したい」と笑顔だった。

 昨年はキャンプから右肩の不調を訴え、その後に球団トレーナーの鍼治療による「長胸神経の麻痺」が発覚。球団が謝罪する事態に発展した。

 選手生命に影響しかねないミスの“被害者”にもかかわらず、「なぜトレーナーをかばわなかったのか」とチーム内ではむしろ、澤村を責めるような声もあった。それでも地道にリハビリを続け、今春のキャンプでも静かに牙を研いでいたが、ここにきて球団は同じリリーフの上原(前カブス)の獲得に動いている。復活に向けて手応えをつかんだ矢先のことだけに、複雑な心境だろう。

 これまでのそんな鬱憤が詰まっているような、この日の剛球連発だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る