• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃投手で好投 上原の巨人復帰は「松井監督」の呼び水か

 10年ぶりに巨人に復帰した上原浩治(42)が、11日、二軍練習合流2日目にして初めてフリー打撃に登板した。

 ジャイアンツ球場で亀井、ドラフト4位の北村(亜大)、宇佐見、石川と対戦。直球、スプリット、スライダーを交えて41球を投げ、安打性の当たりは7本だった。「やっと野球をしている感じ。気持ち良かった。向こう(メジャー)で9年間やっていたから、マウンドは硬い方が好きだけど、早く慣れないと」と汗を拭った。

 最後の1球を右翼席に本塁打した亀井は「空気読めないことしちゃいましたね」と頭をかいたものの、「(来月3日に誕生日を迎える)43歳が投げる球じゃない。スピンが利いていた。『球種が分かっていなかったら(スプリットは)振っていますよ』と(本人と)話をした」と驚きの声を上げた。

 石川も「腕の振り(の速さが)が一番ビックリ。スプリットは何種類か落ち方が違った。小学生の時から見ていた投手。幸せです」と興奮気味。宇佐見は「変化が大きい。凄くコントロールがいい。(ベースの)角にきていた」と揃って脱帽した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る