• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃投手で好投 上原の巨人復帰は「松井監督」の呼び水か

 10年ぶりに巨人に復帰した上原浩治(42)が、11日、二軍練習合流2日目にして初めてフリー打撃に登板した。

 ジャイアンツ球場で亀井、ドラフト4位の北村(亜大)、宇佐見、石川と対戦。直球、スプリット、スライダーを交えて41球を投げ、安打性の当たりは7本だった。「やっと野球をしている感じ。気持ち良かった。向こう(メジャー)で9年間やっていたから、マウンドは硬い方が好きだけど、早く慣れないと」と汗を拭った。

 最後の1球を右翼席に本塁打した亀井は「空気読めないことしちゃいましたね」と頭をかいたものの、「(来月3日に誕生日を迎える)43歳が投げる球じゃない。スピンが利いていた。『球種が分かっていなかったら(スプリットは)振っていますよ』と(本人と)話をした」と驚きの声を上げた。

 石川も「腕の振り(の速さが)が一番ビックリ。スプリットは何種類か落ち方が違った。小学生の時から見ていた投手。幸せです」と興奮気味。宇佐見は「変化が大きい。凄くコントロールがいい。(ベースの)角にきていた」と揃って脱帽した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る