打撃投手で好投 上原の巨人復帰は「松井監督」の呼び水か

公開日:  更新日:

 10年ぶりに巨人に復帰した上原浩治(42)が、11日、二軍練習合流2日目にして初めてフリー打撃に登板した。

 ジャイアンツ球場で亀井、ドラフト4位の北村(亜大)、宇佐見、石川と対戦。直球、スプリット、スライダーを交えて41球を投げ、安打性の当たりは7本だった。「やっと野球をしている感じ。気持ち良かった。向こう(メジャー)で9年間やっていたから、マウンドは硬い方が好きだけど、早く慣れないと」と汗を拭った。

 最後の1球を右翼席に本塁打した亀井は「空気読めないことしちゃいましたね」と頭をかいたものの、「(来月3日に誕生日を迎える)43歳が投げる球じゃない。スピンが利いていた。『球種が分かっていなかったら(スプリットは)振っていますよ』と(本人と)話をした」と驚きの声を上げた。

 石川も「腕の振り(の速さが)が一番ビックリ。スプリットは何種類か落ち方が違った。小学生の時から見ていた投手。幸せです」と興奮気味。宇佐見は「変化が大きい。凄くコントロールがいい。(ベースの)角にきていた」と揃って脱帽した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  9. 9

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  10. 10

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

もっと見る