小林や阿部を脅かす存在に 巨人ドラ3大城の評価急上昇中

公開日: 更新日:

 巨人のドラフト3位ルーキー捕手の大城卓三(25=NTT西日本)が、急激に株を上げている。

 侍ジャパンに合流した小林に代わって2日に一軍昇格すると、3日のヤクルト戦で中前打、左翼フェンスを直撃する二塁打の2打数2安打。翌4日の同カードでは代打で登場し、弾丸ライナーで右翼席へ飛び込むプロ初本塁打を放って高橋由伸監督に「素晴らしい打球」と褒められた。

 昨5日の練習で村田ヘッド兼バッテリーコーチは「あれだけ打つと、捕手としても見てみたい」とオープン戦で捕手としての適性を見る考えを明かした。正捕手争いの先頭を走る小林も、これでウカウカしていられない状況になってきた。

 沖縄・那覇出身。187センチ、体重89キロの恵まれた体格で、東海大相模高、東海大、NTT西日本を経て入団した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る