年俸2億円で古巣復帰 低迷巨人に効くか“上原”という劇薬

公開日:

 まるで「神」のような扱いだ。

 巨人復帰が決まった上原浩治(42)の契約は、1年で年俸2億円プラス出来高(金額は推定)。9日の入団会見では「やることは一つ。一生懸命にがむしゃらにやる。それだけ。FAで出て行ったにもかかわらず、誘っていただいた。感謝しかない。帰って来てくれて良かったと思われないといけない」と意気込んだ。

 昨季はカブスで49試合に登板し、3勝4敗2セーブ、防御率3.98。今季も米球界でのプレーを希望し、「メジャー以外は引退」と話していたが、所属先が決まらないことで翻意。10年ぶりの古巣復帰を決断した。

 会見に同席した鹿取GMが「球団の『レジェンド』として若手投手やチームメートに経験を伝えて欲しい」と言えば、生年月日が同じで10年間共にプレーした高橋由伸監督(42)も「同級生だけどまだまだできる。毎年最後だと思って投げているだろうから、全てを出して欲しい。当然、戦力と思っている。まずは彼の力であり投球でチームに貢献して欲しい」と期待を寄せる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る