• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“戦力外”から一転 本田圭佑の半年ぶり代表復帰の注目度

 ベルギーで行われるマリ戦(23日)、ウクライナ戦(27日)に向けたサッカー日本代表メンバー26人が15日に発表された。目を引くのは、昨年9月のW杯予選以降、「戦力外」だったパチューカFW本田圭佑(31)が、約半年ぶりに代表復帰を果たしたことだ。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「ハリルは就任以来、一貫して本田のことを高く評価してきた。たとえ代表から外れる時期があったとしても、『ケイスケの能力は分かっている』と高値安定の戦力として考えている。本田自身もメキシコリーグで健在ぶりをアピールしており、W杯イヤー初の海外遠征での代表復帰は順当と言っていい」

 今回、ケガで戦線離脱中のDF吉田麻也(29=サウサンプトン)、MF香川真司(28=ドルトムント)が外れたのは致し方ないとしても、スペインのエイバルで活躍しているMF乾貴士(29)や英プレミアのレスターで今季公式戦8得点のFW岡崎慎司(31)は<まさかの落選>との声も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る