“戦力外”から一転 本田圭佑の半年ぶり代表復帰の注目度

公開日:

 ベルギーで行われるマリ戦(23日)、ウクライナ戦(27日)に向けたサッカー日本代表メンバー26人が15日に発表された。目を引くのは、昨年9月のW杯予選以降、「戦力外」だったパチューカFW本田圭佑(31)が、約半年ぶりに代表復帰を果たしたことだ。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「ハリルは就任以来、一貫して本田のことを高く評価してきた。たとえ代表から外れる時期があったとしても、『ケイスケの能力は分かっている』と高値安定の戦力として考えている。本田自身もメキシコリーグで健在ぶりをアピールしており、W杯イヤー初の海外遠征での代表復帰は順当と言っていい」

 今回、ケガで戦線離脱中のDF吉田麻也(29=サウサンプトン)、MF香川真司(28=ドルトムント)が外れたのは致し方ないとしても、スペインのエイバルで活躍しているMF乾貴士(29)や英プレミアのレスターで今季公式戦8得点のFW岡崎慎司(31)は<まさかの落選>との声も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る