物議醸すハリル「W杯メンバー2段階発表」の被害者は誰だ

公開日:

 日本代表ハリルホジッチ監督の「W杯代表メンバー2段階発表方式」が
物議をかもしている。 

 6月14日に開幕するロシアW杯。登録メンバー23人の発表は「いつも通りだと開幕戦の1カ月前に発表。今回は5月14日の月曜日昼下がりの発表ともっぱらだった」(放送関係者)。

 ところがハリルは「5月中旬に予備登録メンバーとして35人を発表」「同30日の国内最終テストマッチ・キリンチャレンジ杯のパフォーマンスをチェックして23人に絞り込む」プランを持っているという。

 ここで思い出されるのが、98年フランスW杯直前の合宿(スイス・ニヨン)である。当時の岡田代表監督は、登録メンバー22人に対して25人を合宿に参加させた。選手たちは最終調整どころではなかった。寄ると触ると「誰が外される? オレか? アイツか? それとも……」と疑心暗鬼になり、チームの雰囲気は「かなりドヨ~ンとしていた」(ベテランサッカー記者)。しかも日本サッカー界のレジェンドである三浦カズが外れたことが、チームに悪影響を与えてしまった。前出の放送関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る