• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

V長崎・高木琢也監督が自戒「横浜FC時代は未熟者だった」

 J1昇格を達成したV・ファーレン長崎の高木琢也監督(50)。シーズン開幕戦の湘南戦ではGK増田、主将DF高杉、MF前田、FWファンマとJ1昇格の原動力となった主軸組に加え、高木監督の国見高の後輩であるDF徳永悠平、FW鈴木武蔵ら新加入選手も躍動した。ジャーナリスト刈部謙一氏が、現役時代に「アジアの大砲」と呼ばれた指揮官の胸の内に迫った。

――なかなか効果的な補強が出来たようだ。

「FC東京から移籍した徳永は攻守にわたって能力が高く、チームの土台を支えてくれている。(松本から移籍した身長185センチのFW)鈴木は(184センチの)自分が育てないといけない選手だと思っている。彼はポテンシャルが高く、リオ五輪代表にも選ばれました。しかし新潟、水戸、松本で能力を開花させたとは言い難い。あの強靱なフィジカル、あの爆発的なスピードを持ったストライカーを一人前にすることは、自分に課せられた任務だと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る