V長崎・高木琢也監督が自戒「横浜FC時代は未熟者だった」

公開日:

 J1昇格を達成したV・ファーレン長崎の高木琢也監督(50)。シーズン開幕戦の湘南戦ではGK増田、主将DF高杉、MF前田、FWファンマとJ1昇格の原動力となった主軸組に加え、高木監督の国見高の後輩であるDF徳永悠平、FW鈴木武蔵ら新加入選手も躍動した。ジャーナリスト刈部謙一氏が、現役時代に「アジアの大砲」と呼ばれた指揮官の胸の内に迫った。

――なかなか効果的な補強が出来たようだ。

「FC東京から移籍した徳永は攻守にわたって能力が高く、チームの土台を支えてくれている。(松本から移籍した身長185センチのFW)鈴木は(184センチの)自分が育てないといけない選手だと思っている。彼はポテンシャルが高く、リオ五輪代表にも選ばれました。しかし新潟、水戸、松本で能力を開花させたとは言い難い。あの強靱なフィジカル、あの爆発的なスピードを持ったストライカーを一人前にすることは、自分に課せられた任務だと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る