• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

日本人プロのパッティングは海外のグリーンに対応できない

プレッシャーのかかる場面でスムーズなストロークができない(C)共同通信社

 米ツアーのコースは年ごとに難易度を増している。クラブやボールの進化によって飛距離が伸び、プレーヤーの技術も向上しているので、それに負けじとコースをタフにし、戦略性を高めている。

 コースをタフにすれば、それに負けないようにプレーヤーは技術を磨き、レ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事