マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

シャフトは振動数で比較すると硬さの違いがよく分かる

公開日: 更新日:
イラスト・ゲーリー久永

 最近のドライバー用シャフトは重さのバリエーションが増えただけでなく、硬さのバリエーションも豊富になっています。

 昔ながらの硬くてハードなシャフトもあれば、ムチのように軟らかくしなるシャフトが装着されたドライバーもあります。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る