• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

池ポチャ5連発 ガルシア大たたきで「13」ワースト更新

【マスターズ初日(オーガスタ・ナショナルGC)】

 前年覇者のセルヒオ・ガルシア(38)が、15番パー5でワースト記録更新の「13」をたたいた。

 ティーショットは322ヤードも飛ばしてフェアウエーセンター。2打目はピンまで残り205ヤードと、飛ばし屋のガルシアならミドルアイアンで楽々とグリーンに届く距離だった。ただグリーンは池越えになり、初日のピン位置は手前。ピンハイで狙うとグリーンの傾斜から、刈り込んである斜面を転がり池に落ちてしまう危険が高かった。

 ここでガルシアは5度も池に入れて12オン、1パットの「13」だった。

「なんて言っていいのかわからない。私のキャリアで、ショットをミスすることなく13をたたいたのは初めて。自分では良いショットをたくさん打ったように感じている。不幸にもボールが止まってくれなかっただけだ」(ガルシア)

 1ホールの大たたきでガルシアは9オーバー85位タイと下位に沈んだ。15番のこれまでのワースト記録は、尾崎将司(1987年)、ベン・クレンショー(97年)ら3人の「11」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る