池ポチャ5連発 ガルシア大たたきで「13」ワースト更新

公開日:  更新日:

【マスターズ初日(オーガスタ・ナショナルGC)】

 前年覇者のセルヒオ・ガルシア(38)が、15番パー5でワースト記録更新の「13」をたたいた。

 ティーショットは322ヤードも飛ばしてフェアウエーセンター。2打目はピンまで残り205ヤードと、飛ばし屋のガルシアならミドルアイアンで楽々とグリーンに届く距離だった。ただグリーンは池越えになり、初日のピン位置は手前。ピンハイで狙うとグリーンの傾斜から、刈り込んである斜面を転がり池に落ちてしまう危険が高かった。

 ここでガルシアは5度も池に入れて12オン、1パットの「13」だった。

「なんて言っていいのかわからない。私のキャリアで、ショットをミスすることなく13をたたいたのは初めて。自分では良いショットをたくさん打ったように感じている。不幸にもボールが止まってくれなかっただけだ」(ガルシア)

 1ホールの大たたきでガルシアは9オーバー85位タイと下位に沈んだ。15番のこれまでのワースト記録は、尾崎将司(1987年)、ベン・クレンショー(97年)ら3人の「11」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る