池ポチャ5連発 ガルシア大たたきで「13」ワースト更新

公開日: 更新日:

【マスターズ初日(オーガスタ・ナショナルGC)】

 前年覇者のセルヒオ・ガルシア(38)が、15番パー5でワースト記録更新の「13」をたたいた。

 ティーショットは322ヤードも飛ばしてフェアウエーセンター。2打目はピンまで残り205ヤードと、飛ばし屋のガルシアならミドルアイアンで楽々とグリーンに届く距離だった。ただグリーンは池越えになり、初日のピン位置は手前。ピンハイで狙うとグリーンの傾斜から、刈り込んである斜面を転がり池に落ちてしまう危険が高かった。

 ここでガルシアは5度も池に入れて12オン、1パットの「13」だった。

「なんて言っていいのかわからない。私のキャリアで、ショットをミスすることなく13をたたいたのは初めて。自分では良いショットをたくさん打ったように感じている。不幸にもボールが止まってくれなかっただけだ」(ガルシア)

 1ホールの大たたきでガルシアは9オーバー85位タイと下位に沈んだ。15番のこれまでのワースト記録は、尾崎将司(1987年)、ベン・クレンショー(97年)ら3人の「11」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    キムタクと中居“SMAP言及”に沸くファンと忖度TV局の温度差

もっと見る