今季5戦で外国勢が4勝目 日本人が勝てない理由をプロ指摘

公開日:

【ヤマハレディース】

 4打差3位発進のアン・ソンジュ(30)が3バーディー、ノーボギーの最終日ベストスコア69をマーク。逆転で今季2勝目、ツアー通算25勝目を挙げた。後半は最終組の菊地絵理香(29)と、1組前でプレーするアンとのマッチプレーの様相になった。

 菊地は最もタフな16番パー4で3パットボギーをたたいて後退。プレーオフにはバーディーが絶対条件の最終ホールで2打目を左に曲げてバンカーにつかまり、3打目もグリーンに乗らずにボギー。スコアを3つ落として2打差2位に終わった。

 田原紘プロは勝負のポイントをこう見た。

「菊地は15番パー5で2.5メートルのバーディーチャンスが決まらなかった。みんながスコアメークに苦しむ続く16番は2打目をピン右5メートルにつけて、入れごろ外しごろの距離に“今度こそ”と気合が入り過ぎた。1組前のアンは17番パー、18番バーディーでくるだろうと予想がつく。それなら、入れるしかないと気持ちがタッチを強くし、左に曲がるラインが真っすぐ抜けて1メートル以上もオーバー。その返しはカップ縁にけられてしまった。15番はアンが奥バンカーからチップインバーディー。かたや菊地はチャンスを決められなかった。それが勝敗の流れとなった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る