• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季5戦で外国勢が4勝目 日本人が勝てない理由をプロ指摘

【ヤマハレディース】

 4打差3位発進のアン・ソンジュ(30)が3バーディー、ノーボギーの最終日ベストスコア69をマーク。逆転で今季2勝目、ツアー通算25勝目を挙げた。後半は最終組の菊地絵理香(29)と、1組前でプレーするアンとのマッチプレーの様相になった。

 菊地は最もタフな16番パー4で3パットボギーをたたいて後退。プレーオフにはバーディーが絶対条件の最終ホールで2打目を左に曲げてバンカーにつかまり、3打目もグリーンに乗らずにボギー。スコアを3つ落として2打差2位に終わった。

 田原紘プロは勝負のポイントをこう見た。

「菊地は15番パー5で2.5メートルのバーディーチャンスが決まらなかった。みんながスコアメークに苦しむ続く16番は2打目をピン右5メートルにつけて、入れごろ外しごろの距離に“今度こそ”と気合が入り過ぎた。1組前のアンは17番パー、18番バーディーでくるだろうと予想がつく。それなら、入れるしかないと気持ちがタッチを強くし、左に曲がるラインが真っすぐ抜けて1メートル以上もオーバー。その返しはカップ縁にけられてしまった。15番はアンが奥バンカーからチップインバーディー。かたや菊地はチャンスを決められなかった。それが勝敗の流れとなった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る