今季5戦で外国勢が4勝目 日本人が勝てない理由をプロ指摘

公開日: 更新日:

【ヤマハレディース】

 4打差3位発進のアン・ソンジュ(30)が3バーディー、ノーボギーの最終日ベストスコア69をマーク。逆転で今季2勝目、ツアー通算25勝目を挙げた。後半は最終組の菊地絵理香(29)と、1組前でプレーするアンとのマッチプレーの様相になった。

 菊地は最もタフな16番パー4で3パットボギーをたたいて後退。プレーオフにはバーディーが絶対条件の最終ホールで2打目を左に曲げてバンカーにつかまり、3打目もグリーンに乗らずにボギー。スコアを3つ落として2打差2位に終わった。

 田原紘プロは勝負のポイントをこう見た。

「菊地は15番パー5で2.5メートルのバーディーチャンスが決まらなかった。みんながスコアメークに苦しむ続く16番は2打目をピン右5メートルにつけて、入れごろ外しごろの距離に“今度こそ”と気合が入り過ぎた。1組前のアンは17番パー、18番バーディーでくるだろうと予想がつく。それなら、入れるしかないと気持ちがタッチを強くし、左に曲がるラインが真っすぐ抜けて1メートル以上もオーバー。その返しはカップ縁にけられてしまった。15番はアンが奥バンカーからチップインバーディー。かたや菊地はチャンスを決められなかった。それが勝敗の流れとなった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  6. 6

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  7. 7

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  8. 8

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  9. 9

    堀北真希を超える? 妹・NANAMIのブレークを後押しする力

  10. 10

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

もっと見る