今季5戦で外国勢が4勝目 日本人が勝てない理由をプロ指摘

公開日: 更新日:

【ヤマハレディース】

 4打差3位発進のアン・ソンジュ(30)が3バーディー、ノーボギーの最終日ベストスコア69をマーク。逆転で今季2勝目、ツアー通算25勝目を挙げた。後半は最終組の菊地絵理香(29)と、1組前でプレーするアンとのマッチプレーの様相になった。

 菊地は最もタフな16番パー4で3パットボギーをたたいて後退。プレーオフにはバーディーが絶対条件の最終ホールで2打目を左に曲げてバンカーにつかまり、3打目もグリーンに乗らずにボギー。スコアを3つ落として2打差2位に終わった。

 田原紘プロは勝負のポイントをこう見た。

「菊地は15番パー5で2.5メートルのバーディーチャンスが決まらなかった。みんながスコアメークに苦しむ続く16番は2打目をピン右5メートルにつけて、入れごろ外しごろの距離に“今度こそ”と気合が入り過ぎた。1組前のアンは17番パー、18番バーディーでくるだろうと予想がつく。それなら、入れるしかないと気持ちがタッチを強くし、左に曲がるラインが真っすぐ抜けて1メートル以上もオーバー。その返しはカップ縁にけられてしまった。15番はアンが奥バンカーからチップインバーディー。かたや菊地はチャンスを決められなかった。それが勝敗の流れとなった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る