• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マスターズ賭け率500倍 日本3選手が国内ツアーの命運握る

 5日に開幕する今季メジャー初戦のマスターズには、2011年大会以来7年ぶりに日本人選手4人が出場する。

 松山英樹、池田勇太、宮里優作、小平智だ。

 今年は前週のヒューストンオープンを勝ったイアン・ポールターが最後のマスターズ出場チケットを手に入れて、出場プロは87選手になった。

 ブックメーカーによって多少の差はあるが、優勝最有力はタイガー・ウッズの9~10倍。2番手はダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマス、ローリー・マキロイの3人が10倍。続いてジョーダン・スピース、ジャスティン・ローズが12倍。

 バッバ・ワトソン、ジェイソン・デイ、フィル・ミケルソンの14倍から16倍までの9選手によって優勝争いが展開されると多くのファンはみているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る