マスターズ賭け率500倍 日本3選手が国内ツアーの命運握る

公開日:

 5日に開幕する今季メジャー初戦のマスターズには、2011年大会以来7年ぶりに日本人選手4人が出場する。

 松山英樹、池田勇太、宮里優作、小平智だ。

 今年は前週のヒューストンオープンを勝ったイアン・ポールターが最後のマスターズ出場チケットを手に入れて、出場プロは87選手になった。

 ブックメーカーによって多少の差はあるが、優勝最有力はタイガー・ウッズの9~10倍。2番手はダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマス、ローリー・マキロイの3人が10倍。続いてジョーダン・スピース、ジャスティン・ローズが12倍。

 バッバ・ワトソン、ジェイソン・デイ、フィル・ミケルソンの14倍から16倍までの9選手によって優勝争いが展開されると多くのファンはみているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る