マスターズ賭け率500倍 日本3選手が国内ツアーの命運握る

公開日: 更新日:

 5日に開幕する今季メジャー初戦のマスターズには、2011年大会以来7年ぶりに日本人選手4人が出場する。

 松山英樹池田勇太宮里優作小平智だ。

 今年は前週のヒューストンオープンを勝ったイアン・ポールターが最後のマスターズ出場チケットを手に入れて、出場プロは87選手になった。

 ブックメーカーによって多少の差はあるが、優勝最有力はタイガー・ウッズの9~10倍。2番手はダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマス、ローリー・マキロイの3人が10倍。続いてジョーダン・スピース、ジャスティン・ローズが12倍。

 バッバ・ワトソン、ジェイソン・デイ、フィル・ミケルソンの14倍から16倍までの9選手によって優勝争いが展開されると多くのファンはみているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

もっと見る