女子プロテスト 17歳に受験年齢引き下げで何が変わる?

公開日:  更新日:

【ISPSハンダ女子豪州オープン】

 大会2日目は、46位発進の畑岡奈紗(19)がこの日のベストスコア67をマークして、通算5アンダー5位に浮上した。

 また吉田優利(17)が2アンダー14位、山口すず夏(17)は1オーバー44位とアマチュア2人も決勝ラウンドへの進出を決めた。

 吉田は国内女子ツアーにも出場しており、昨年はヨネックスレディス(9位)とスタジオアリス(17位)でベストアマタイトルを獲得。山口は中学生だった2015年に、日本で行われた全米女子オープン予選会を2位通過して本大会に出場している。アマとはいえ、れっきとした“プロ予備軍”なのだ。

 現在、2人とも高校2年生で、来年のプロテストを受けることになるが、15日に日本女子プロ協会が、「19年度から受験年齢を現行の18歳から17歳に引き下げる」と発表したばかり。高校生プロの誕生も可能となり、例年より受験資格のある選手が増えて、競争が激しくなることが予想される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る