巨人に連勝でキラー襲名 ベイ左腕・東は“ルーティンの塊”

公開日: 更新日:

 新人らしからぬ落ち着きがあった。

 19日、巨人戦に先発したDeNAのドラ1左腕・東克樹(22)が八回途中4安打無失点。前回登板の12日に続き、巨人相手に連勝となった「Gキラー」は、「前回(の自己採点)は0点だったけど、今回は90点」と笑顔で話した。

 試合序盤は直球で押すと、中盤からはチェンジアップを効果的に使用。「甘い球でも有効的になったと思う」と頭脳的な投球で、巨人打線に連打すら許さなかった。

 ベンチにバナナを1房持ち込み、マウンドを降りるたびに口へ運ぶのがお決まり。この日も3本を平らげた。

 看護師でもある母親の助言で始めた栄養補給。飛躍にひと役買ったのも、このルーティンへの意識だった。木塚投手コーチが言う。

「持っている力をしっかり出せるよう、ゲーム前のルーティンの話をした。アマ時代はそういうことをあまり意識していなかったみたいで、試合前にほとんどブルペンで投げないままゲームに入ったりしていたこともあったみたい。ボールに触る前の動作、例えばストレッチやマッサージに時間をどう使うか。みんなが当たり前にやっている流れを、キャンプ中からバッティングピッチャーやオープン戦で登板するときから始めさせた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る