• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人に連勝でキラー襲名 ベイ左腕・東は“ルーティンの塊”

 新人らしからぬ落ち着きがあった。

 19日、巨人戦に先発したDeNAのドラ1左腕・東克樹(22)が八回途中4安打無失点。前回登板の12日に続き、巨人相手に連勝となった「Gキラー」は、「前回(の自己採点)は0点だったけど、今回は90点」と笑顔で話した。

 試合序盤は直球で押すと、中盤からはチェンジアップを効果的に使用。「甘い球でも有効的になったと思う」と頭脳的な投球で、巨人打線に連打すら許さなかった。

 ベンチにバナナを1房持ち込み、マウンドを降りるたびに口へ運ぶのがお決まり。この日も3本を平らげた。

 看護師でもある母親の助言で始めた栄養補給。飛躍にひと役買ったのも、このルーティンへの意識だった。木塚投手コーチが言う。

「持っている力をしっかり出せるよう、ゲーム前のルーティンの話をした。アマ時代はそういうことをあまり意識していなかったみたいで、試合前にほとんどブルペンで投げないままゲームに入ったりしていたこともあったみたい。ボールに触る前の動作、例えばストレッチやマッサージに時間をどう使うか。みんなが当たり前にやっている流れを、キャンプ中からバッティングピッチャーやオープン戦で登板するときから始めさせた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る