巨人に連勝でキラー襲名 ベイ左腕・東は“ルーティンの塊”

公開日:

 新人らしからぬ落ち着きがあった。

 19日、巨人戦に先発したDeNAのドラ1左腕・東克樹(22)が八回途中4安打無失点。前回登板の12日に続き、巨人相手に連勝となった「Gキラー」は、「前回(の自己採点)は0点だったけど、今回は90点」と笑顔で話した。

 試合序盤は直球で押すと、中盤からはチェンジアップを効果的に使用。「甘い球でも有効的になったと思う」と頭脳的な投球で、巨人打線に連打すら許さなかった。

 ベンチにバナナを1房持ち込み、マウンドを降りるたびに口へ運ぶのがお決まり。この日も3本を平らげた。

 看護師でもある母親の助言で始めた栄養補給。飛躍にひと役買ったのも、このルーティンへの意識だった。木塚投手コーチが言う。

「持っている力をしっかり出せるよう、ゲーム前のルーティンの話をした。アマ時代はそういうことをあまり意識していなかったみたいで、試合前にほとんどブルペンで投げないままゲームに入ったりしていたこともあったみたい。ボールに触る前の動作、例えばストレッチやマッサージに時間をどう使うか。みんなが当たり前にやっている流れを、キャンプ中からバッティングピッチャーやオープン戦で登板するときから始めさせた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る