今季チーム初完投勝利 巨人・山口俊が燃える“3.5億円奪還”

公開日:  更新日:

 巨人の山口俊(30)が17日、8連勝中だった好調DeNAを止めた。

 新潟で行われた古巣との試合で133球を投げ、5安打2失点。6連続を含む自己最多の14奪三振の力投を見せ、首脳陣に直訴し、最終回も投げ切った。16試合目でチーム初完投。

 本人が「ホッとしている」と頬を緩めれば、高橋由伸監督(43)は「スタミナもあるし、最後の最後まで力強いボールがいっていた。ナイスピッチング。こちらも気合を感じたし、何とか最後までいって欲しかった。本当によく頑張ったと思う」と賛辞を惜しまなかった。これで2勝目。ピリッとしない先発陣を引っ張る存在になりつつある。

 大きな「損失」を取り戻すべく奮闘している。DeNAからFA移籍した1年目の昨年7月、酒に酔って病院で暴行事件を起こしたことが発覚した。球団からは罰金、減俸を合わせた1億円を超える制裁金を科され、契約年数は3年から2年に短縮。選手会がこれにかみつくなど、球界を巻き込む騒動に発展した。ある球団の選手はこう話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る