• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季チーム初完投勝利 巨人・山口俊が燃える“3.5億円奪還”

 巨人の山口俊(30)が17日、8連勝中だった好調DeNAを止めた。

 新潟で行われた古巣との試合で133球を投げ、5安打2失点。6連続を含む自己最多の14奪三振の力投を見せ、首脳陣に直訴し、最終回も投げ切った。16試合目でチーム初完投。

 本人が「ホッとしている」と頬を緩めれば、高橋由伸監督(43)は「スタミナもあるし、最後の最後まで力強いボールがいっていた。ナイスピッチング。こちらも気合を感じたし、何とか最後までいって欲しかった。本当によく頑張ったと思う」と賛辞を惜しまなかった。これで2勝目。ピリッとしない先発陣を引っ張る存在になりつつある。

 大きな「損失」を取り戻すべく奮闘している。DeNAからFA移籍した1年目の昨年7月、酒に酔って病院で暴行事件を起こしたことが発覚した。球団からは罰金、減俸を合わせた1億円を超える制裁金を科され、契約年数は3年から2年に短縮。選手会がこれにかみつくなど、球界を巻き込む騒動に発展した。ある球団の選手はこう話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る