皮膚接着剤で傷口塞ぎ DeNA宮崎敏郎が戦う左手の血行障害

公開日: 更新日:

 八回に巨人の上原から貴重な同点打を放ったDeNAの宮崎敏郎(29)は昨季の首位打者。対戦相手は宮崎封じに躍起となっているが、あるスコアラーはこう言って頭を抱える。

「宮崎は研究してもムダ。あんなにデータがアテにならない選手はいない」

 しかし、開幕9戦で打率・212、1本塁打、3打点と低迷。やはり攻略されているのか。その実感を本人に聞くと、首をかしげてこう言った。

「あまり感じないですね。というか、自分には関係ないかなと思うんです。僕の場合は『打てる』と思ったところに(ボールが)来たら当てにいく感覚なので。今は対戦投手より、僕が戦っているのはコレかも」

 そう言って見せたのは、左手の人さし指。右手に比べて全体的に皮がむけ、指の付け根付近にはアカギレができていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  4. 4

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る