皮膚接着剤で傷口塞ぎ DeNA宮崎敏郎が戦う左手の血行障害

公開日: 更新日:

 八回に巨人の上原から貴重な同点打を放ったDeNAの宮崎敏郎(29)は昨季の首位打者。対戦相手は宮崎封じに躍起となっているが、あるスコアラーはこう言って頭を抱える。

「宮崎は研究してもムダ。あんなにデータがアテにならない選手はいない」

 しかし、開幕9戦で打率・212、1本塁打、3打点と低迷。やはり攻略されているのか。その実感を本人に聞くと、首をかしげてこう言った。

「あまり感じないですね。というか、自分には関係ないかなと思うんです。僕の場合は『打てる』と思ったところに(ボールが)来たら当てにいく感覚なので。今は対戦投手より、僕が戦っているのはコレかも」

 そう言って見せたのは、左手の人さし指。右手に比べて全体的に皮がむけ、指の付け根付近にはアカギレができていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る