マー君好投で“お得意様”に3勝目 不安はメジャー最少の直球

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(29)が23日(日本時間24日)のツインズ戦に登板。6回3分の2、1失点の好投を見せ3勝目(2敗)をあげた。試合は14ー1でヤンキースが勝利した。

 本来の投球を取り戻したように見える田中だが、この試合前まで2戦連続で6失点以上を記録。今季は計22回3分の1で防御率6.45と不安定な投球が続いていた。

 今季、田中の調子が上がらないのは変化球に頼った単調な投球が原因のひとつとみられている。米野球データサイトのファングラフスによれば、今季の田中はスライダー(36.7%)とスプリット(31.1%)の比率が極端に多く、直球の比率はわずか22%。メジャー30球団の先発投手では最少だという。

 シーズン序盤ながら、球威がないのも気になるところだ。昨季、92.2マイル(約148キロ)だった直球の平均球速は今季、91.3マイル(約146キロ)にまで低下している。

 変化球は、直球のキレ、伸びがあってこそ生きる。この日は“お得意様”のツインズ相手に快投したが、打者大谷との対戦が予想される29日のエンゼルス戦までに、本来の直球を取り戻せるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る