監督退任で揺れる田中将 FA権行使なら来季年俸の増減は

公開日:

 来季、メジャー5年目を迎える田中将大(28)のボスが代わる。

 2008年から10年間、ヤンキースの指揮を執ったジョー・ジラルディ監督が退任。多くのニューヨークメディアがこぞって次期監督候補を予想する中、日本のファンにもなじみ深い3人の監督経験者が本命視されている。

 日本ハム、ロイヤルズを指揮したトレイ・ヒルマン(54)、今季までレッドソックスを率いたジョン・ファレル(55)、イチローのマーリンズの監督であるドン・マッティングリー(56)の3人だ。日本で指揮を執ったヒルマンはもちろん、ファレル、マッティングリーとも日本人選手を部下に持った経験があり、いずれも日本人に対する理解は深い。選手と距離を置き、コミュニケーションが少なく、一部選手との関係がぎくしゃくしていたとされるジラルディ監督と比べれば、3人のうちの誰が監督になっても、田中にとってはプラスに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る