監督退任で揺れる田中将 FA権行使なら来季年俸の増減は

公開日:

 来季、メジャー5年目を迎える田中将大(28)のボスが代わる。

 2008年から10年間、ヤンキースの指揮を執ったジョー・ジラルディ監督が退任。多くのニューヨークメディアがこぞって次期監督候補を予想する中、日本のファンにもなじみ深い3人の監督経験者が本命視されている。

 日本ハム、ロイヤルズを指揮したトレイ・ヒルマン(54)、今季までレッドソックスを率いたジョン・ファレル(55)、イチローのマーリンズの監督であるドン・マッティングリー(56)の3人だ。日本で指揮を執ったヒルマンはもちろん、ファレル、マッティングリーとも日本人選手を部下に持った経験があり、いずれも日本人に対する理解は深い。選手と距離を置き、コミュニケーションが少なく、一部選手との関係がぎくしゃくしていたとされるジラルディ監督と比べれば、3人のうちの誰が監督になっても、田中にとってはプラスに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る