監督退任で揺れる田中将 FA権行使なら来季年俸の増減は

公開日: 更新日:

 来季、メジャー5年目を迎える田中将大(28)のボスが代わる。

 2008年から10年間、ヤンキースの指揮を執ったジョー・ジラルディ監督が退任。多くのニューヨークメディアがこぞって次期監督候補を予想する中、日本のファンにもなじみ深い3人の監督経験者が本命視されている。

 日本ハム、ロイヤルズを指揮したトレイ・ヒルマン(54)、今季までレッドソックスを率いたジョン・ファレル(55)、イチローのマーリンズの監督であるドン・マッティングリー(56)の3人だ。日本で指揮を執ったヒルマンはもちろん、ファレル、マッティングリーとも日本人選手を部下に持った経験があり、いずれも日本人に対する理解は深い。選手と距離を置き、コミュニケーションが少なく、一部選手との関係がぎくしゃくしていたとされるジラルディ監督と比べれば、3人のうちの誰が監督になっても、田中にとってはプラスに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る