• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

田中将大が新グラブ披露…職人が明かしたこだわりの中身

 今季メジャー5年目を迎えるヤンキース・田中将大(29)が用具を一新した。

 22日は都内で行われたスポーツ用品メーカー「ミズノ」とのアンバサダー契約更新発表会見に出席。あわせて今季、使用するグラブもお披露目した。

 田中は駒大苫小牧高時代から同社製のグラブを使用しており、18年モデルは網目の部分の凹凸を抑えた。グラブ選びでは革の質を重視しているそうで「パサパサしているよりもしっとりとしたものが好き」と説明。「何よりも『受球面』の顔にはこだわっていますね」と冗談交じりに話した。同社で多くの選手の用具製造に携わってきた久保田憲史事業部長は、田中のグラブへのこだわりについてこう話す。

「本人も言うように革そのものはしっとりとしたものを好みますが、グラブ自体は硬いつくりになっています。投手の中でも田中投手のグラブは特に硬い方だと言っていいでしょう。田中投手はリリースの際、グラブをしっかりと力強く握るため、普通の強度ではへたりやすい。グラブが潰れてしまうのが嫌なそうなので、へたりにくい子牛の革を使用しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る