PS好投で強気も…ヤンキース田中“契約破棄”しづらい理由

公開日:

 ポストシーズンで好投した日本人右腕が強気である。

 ヤンキース・田中将大(28)が21日(日本時間22日)、今オフに残りの3年の契約を破棄してFAになる権利(オプトアウト)について「契約で(権利が)あることは事実なので、それはしっかり話をして決めたいと思う」と話した。

 メジャー4年目の今季は30試合に登板して13勝12敗、防御率4.74。シーズン途中に絶不調に陥り、自己最多の35被弾と不安定な投球が目立った。一時はローテーション落ちもささやかれたが、ポストシーズンでは別人。地区シリーズ、リーグ優勝決定シリーズ合わせて3試合で2勝1敗、防御率0.90と好投した。

 メジャーではポストシーズンでの活躍で評価が高まるケースは珍しくない。地区Sのインディアンス戦ではシリーズの流れを変える好投を披露しただけに、田中もその気になっているのかもしれない。が、今季の投球内容、成績ともエースのそれではない。これまで投球回数は先発に求められるシーズン200イニングに達したことは一度もなく、ヤンキースも含めて、メジャーの評価が急上昇するとは考えにくいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る