女房役との“不協和音”も ダル開幕4戦未勝利で批判相次ぐ

公開日: 更新日:

 カブス・ダルビッシュへの批判が高まっている。

 今季ここまで4試合(計19回3分の2)に登板し、0勝2敗、防御率6・86。2戦連続で5回を持たずに降板するなど、精彩を欠いているからだ。

 2月の春季キャンプ直前に、6年総額1億5000万ドル(約163億円)の超大型契約で入団。左腕レスターとともにエース格と期待されながら、不甲斐ない投球が続く右腕を複数の米メディアが痛烈に批判。「ここまでの不調は一時的な不調ではなく、本質的なものだ」(ESPN)などとダメ出ししているのだ。

 23日付の地元紙シカゴ・サンタイムズによれば、チーム内からもダメ出しされているという。

 女房役コントレラスは、ダルが21日のロッキーズ戦で、2死から投手に四球を与えたことに「2死としたところで気を抜いたように見えた。メジャーの投手はアウトカウントにかかわらず、攻めなければならない」と苦言とも取れる談話を掲載。記事では、2人の関係が険悪なことをほのめかしている。

 ダルの周囲は騒がしくなってきたが、手厳しいことで知られるシカゴのメディアとファンをうならせる投球をするしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る