女房役との“不協和音”も ダル開幕4戦未勝利で批判相次ぐ

公開日:

 カブス・ダルビッシュへの批判が高まっている。

 今季ここまで4試合(計19回3分の2)に登板し、0勝2敗、防御率6・86。2戦連続で5回を持たずに降板するなど、精彩を欠いているからだ。

 2月の春季キャンプ直前に、6年総額1億5000万ドル(約163億円)の超大型契約で入団。左腕レスターとともにエース格と期待されながら、不甲斐ない投球が続く右腕を複数の米メディアが痛烈に批判。「ここまでの不調は一時的な不調ではなく、本質的なものだ」(ESPN)などとダメ出ししているのだ。

 23日付の地元紙シカゴ・サンタイムズによれば、チーム内からもダメ出しされているという。

 女房役コントレラスは、ダルが21日のロッキーズ戦で、2死から投手に四球を与えたことに「2死としたところで気を抜いたように見えた。メジャーの投手はアウトカウントにかかわらず、攻めなければならない」と苦言とも取れる談話を掲載。記事では、2人の関係が険悪なことをほのめかしている。

 ダルの周囲は騒がしくなってきたが、手厳しいことで知られるシカゴのメディアとファンをうならせる投球をするしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  9. 9

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  10. 10

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

もっと見る