FA市場は買い控え傾向 大型契約こだわるダルは“大損”心配

公開日:  更新日:

 ダルビッシュ有(31=ドジャースからFA)の争奪戦から、レンジャーズに続いてブルワーズも撤退したという。「ミルウォーキー・ジャーナルセンチネル」(電子版)が報じたもの。

 報道によれば、ダル・サイドは平均約27億5000万円の6~7年の大型契約を要求しているという。

 米球界のFA市場は停滞している。大物代理人のひとりは、ダルやアリエッタ(31=カブスからFA)らトップクラスの投手の去就すら決まらない現状に業を煮やしているものの、今回のFA市場は不作を通り越して近年まれにみる凶作。

 今年の18年オフにはサイ・ヤング賞3回の左腕カーショー(29=ドジャース)、15年の本塁打王のハーパー(25=ナショナルズ)といったスーパースターたちが続々、FAになる可能性がある。彼らを本気で獲得しようともくろむ金満球団が、前年の投資を控えるのはある意味、当然だ。

 年平均27億5000万円の6~7年契約といえば、メジャーの中でもトップクラス。選手としての価値を正当に評価してもらいたいという気持ちは分かるが、粘りに粘った末、買いたたかれるなんてことになりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る