FA市場は買い控え傾向 大型契約こだわるダルは“大損”心配

公開日: 更新日:

 ダルビッシュ有(31=ドジャースからFA)の争奪戦から、レンジャーズに続いてブルワーズも撤退したという。「ミルウォーキー・ジャーナルセンチネル」(電子版)が報じたもの。

 報道によれば、ダル・サイドは平均約27億5000万円の6~7年の大型契約を要求しているという。

 米球界のFA市場は停滞している。大物代理人のひとりは、ダルやアリエッタ(31=カブスからFA)らトップクラスの投手の去就すら決まらない現状に業を煮やしているものの、今回のFA市場は不作を通り越して近年まれにみる凶作。

 今年の18年オフにはサイ・ヤング賞3回の左腕カーショー(29=ドジャース)、15年の本塁打王のハーパー(25=ナショナルズ)といったスーパースターたちが続々、FAになる可能性がある。彼らを本気で獲得しようともくろむ金満球団が、前年の投資を控えるのはある意味、当然だ。

 年平均27億5000万円の6~7年契約といえば、メジャーの中でもトップクラス。選手としての価値を正当に評価してもらいたいという気持ちは分かるが、粘りに粘った末、買いたたかれるなんてことになりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る