FA市場は買い控え傾向 大型契約こだわるダルは“大損”心配

公開日: 更新日:

 ダルビッシュ有(31=ドジャースからFA)の争奪戦から、レンジャーズに続いてブルワーズも撤退したという。「ミルウォーキー・ジャーナルセンチネル」(電子版)が報じたもの。

 報道によれば、ダル・サイドは平均約27億5000万円の6~7年の大型契約を要求しているという。

 米球界のFA市場は停滞している。大物代理人のひとりは、ダルやアリエッタ(31=カブスからFA)らトップクラスの投手の去就すら決まらない現状に業を煮やしているものの、今回のFA市場は不作を通り越して近年まれにみる凶作。

 今年の18年オフにはサイ・ヤング賞3回の左腕カーショー(29=ドジャース)、15年の本塁打王のハーパー(25=ナショナルズ)といったスーパースターたちが続々、FAになる可能性がある。彼らを本気で獲得しようともくろむ金満球団が、前年の投資を控えるのはある意味、当然だ。

 年平均27億5000万円の6~7年契約といえば、メジャーの中でもトップクラス。選手としての価値を正当に評価してもらいたいという気持ちは分かるが、粘りに粘った末、買いたたかれるなんてことになりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る