ダンスでは済まない 活躍続く大谷を待つ“恥ずかしい儀式”

公開日:  更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)の勢いが増してきた。

「5番・DH」でスタメン出場した10日(日本時間11日)のツインズ戦。七回に4月27日のヤンキース戦以来の5号ソロを放つなど、4打数2安打2打点で、2試合連続安打をマークした。先発出場した試合に限れば、3戦連続のマルチだ。

 4月3日のインディアンス戦で初本塁打を放った際には、ベンチでナインから無視される「サイレントトリートメント」の洗礼を浴びたが、今では他の選手と同様の祝福を受けている。最近は、大谷がベンチに戻ると、ナインからお辞儀で迎えられ、拳を突き上げるダンスまで強要されるようになった。

 大谷は「(チームメートに)『やれ』と言われたからやっているだけです」と照れながら話したが、このまま活躍が続くようなら、シーズン終盤にはお辞儀やダンスどころではない恥ずかしい格好をさせられることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る