ダンスでは済まない 活躍続く大谷を待つ“恥ずかしい儀式”

公開日:  更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)の勢いが増してきた。

「5番・DH」でスタメン出場した10日(日本時間11日)のツインズ戦。七回に4月27日のヤンキース戦以来の5号ソロを放つなど、4打数2安打2打点で、2試合連続安打をマークした。先発出場した試合に限れば、3戦連続のマルチだ。

 4月3日のインディアンス戦で初本塁打を放った際には、ベンチでナインから無視される「サイレントトリートメント」の洗礼を浴びたが、今では他の選手と同様の祝福を受けている。最近は、大谷がベンチに戻ると、ナインからお辞儀で迎えられ、拳を突き上げるダンスまで強要されるようになった。

 大谷は「(チームメートに)『やれ』と言われたからやっているだけです」と照れながら話したが、このまま活躍が続くようなら、シーズン終盤にはお辞儀やダンスどころではない恥ずかしい格好をさせられることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る