ダンスでは済まない 活躍続く大谷を待つ“恥ずかしい儀式”

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)の勢いが増してきた。

「5番・DH」でスタメン出場した10日(日本時間11日)のツインズ戦。七回に4月27日のヤンキース戦以来の5号ソロを放つなど、4打数2安打2打点で、2試合連続安打をマークした。先発出場した試合に限れば、3戦連続のマルチだ。

 4月3日のインディアンス戦で初本塁打を放った際には、ベンチでナインから無視される「サイレントトリートメント」の洗礼を浴びたが、今では他の選手と同様の祝福を受けている。最近は、大谷がベンチに戻ると、ナインからお辞儀で迎えられ、拳を突き上げるダンスまで強要されるようになった。

 大谷は「(チームメートに)『やれ』と言われたからやっているだけです」と照れながら話したが、このまま活躍が続くようなら、シーズン終盤にはお辞儀やダンスどころではない恥ずかしい格好をさせられることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る