英語の冗談に日本語で反応…大谷翔平の知られざる米国生活

公開日:

 元日本人メジャーリーガーの笑い話だ。

 あるとき、ナインの輪に入って談笑。英語なんかサッパリ分からないのに、ウン、ウンと、うなずきながら笑っていると、選手のひとりから「おまえ、意味も分からないくせに分かったふりをしているんだろう」と突っ込まれた。その意味も分からず、再び笑いながらうなずいたため、思い切りバカにされたそうだ。

 日本で実績を積み、ある程度の年齢になって渡米する日本人選手はおおかたこんなものだが、23歳の大谷翔平はちょっと違う。

 エンゼルスのロッカールームで、遊撃手のシモンズからたわいもないジョークをぶつけられた。渡米間もない日本人選手なら、例によって笑ってごまかすところだ。が、大谷は真顔、しかも日本語で「えっ! 何?」と聞き返した。

 本拠地のデビュー戦でいきなり3ラン。試合後のインタビュー中にナインから氷水をぶっかけられると、「マジ! 冷てー!」と日本語で叫んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る