英語の冗談に日本語で反応…大谷翔平の知られざる米国生活

公開日: 更新日:

 元日本人メジャーリーガーの笑い話だ。

 あるとき、ナインの輪に入って談笑。英語なんかサッパリ分からないのに、ウン、ウンと、うなずきながら笑っていると、選手のひとりから「おまえ、意味も分からないくせに分かったふりをしているんだろう」と突っ込まれた。その意味も分からず、再び笑いながらうなずいたため、思い切りバカにされたそうだ。

 日本で実績を積み、ある程度の年齢になって渡米する日本人選手はおおかたこんなものだが、23歳の大谷翔平はちょっと違う。

 エンゼルスのロッカールームで、遊撃手のシモンズからたわいもないジョークをぶつけられた。渡米間もない日本人選手なら、例によって笑ってごまかすところだ。が、大谷は真顔、しかも日本語で「えっ! 何?」と聞き返した。

 本拠地のデビュー戦でいきなり3ラン。試合後のインタビュー中にナインから氷水をぶっかけられると、「マジ! 冷てー!」と日本語で叫んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る