英語の冗談に日本語で反応…大谷翔平の知られざる米国生活

公開日:

 元日本人メジャーリーガーの笑い話だ。

 あるとき、ナインの輪に入って談笑。英語なんかサッパリ分からないのに、ウン、ウンと、うなずきながら笑っていると、選手のひとりから「おまえ、意味も分からないくせに分かったふりをしているんだろう」と突っ込まれた。その意味も分からず、再び笑いながらうなずいたため、思い切りバカにされたそうだ。

 日本で実績を積み、ある程度の年齢になって渡米する日本人選手はおおかたこんなものだが、23歳の大谷翔平はちょっと違う。

 エンゼルスのロッカールームで、遊撃手のシモンズからたわいもないジョークをぶつけられた。渡米間もない日本人選手なら、例によって笑ってごまかすところだ。が、大谷は真顔、しかも日本語で「えっ! 何?」と聞き返した。

 本拠地のデビュー戦でいきなり3ラン。試合後のインタビュー中にナインから氷水をぶっかけられると、「マジ! 冷てー!」と日本語で叫んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る