配球に変化 大谷に3勝目もたらした右ひじに優しい“新魔球”

公開日: 更新日:

「開幕から1カ月が経過し、ようやく大リーグ公認球にアジャストしたと思う」――。

 エンゼルス・大谷翔平(23)について、スカパー・JスポーツのMLB中継で解説を務める評論家の三井浩二氏がこう言う。

 中11日で登板した6日(日本時間7日)のマリナーズ戦は七回途中6安打2失点で3勝目(1敗)をマーク。4月27日のヤンキース戦で捻挫した左足首の不安を払拭し、「アメリカに来てから一番、思った通りに投げられた」と自画自賛の白星を手にした。

 初めてバッテリーを組んだ控え捕手のリベラが「全ての球種が良かった。事前のプラン通りの投球だった」と評した通り、この日の大谷はこれまでとは違う組み立てで相手打線を牛耳った。好打者が揃うマリナーズ相手に緩急を使い分け、直球とカーブでカウントを稼ぎ、最後はスライダーで凡打の山を築いたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  6. 6

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  7. 7

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  8. 8

    追加負担は3000億円 延期五輪は“金欠”東京都の独り負けに

  9. 9

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  10. 10

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

もっと見る