代打でも初安打 大谷の順調進化にエ軍主砲2人からの刺激

公開日:

 舞台は標高1600メートルの高地にあるクアーズフィールド。「マイルハイ」と呼ばれ、気圧が低いために打球がよく飛ぶ球場として知られる。とはいえ、試合前のフリー打撃で右翼スタンドの3階席まで飛ばす打者はメジャーでも珍しい。

 打撃練習中に150メートル近い当たりを放ち、スタンドのファンの度肝を抜いた大谷翔平(23=エンゼルス)のことだ。

 9日(日本時間10日)のロッキーズ戦は7―0と大量リードした八回に代打で登場。3番手右腕ポンダースに対し、フルカウントから7球目の変化球を中前にはじき返した。代打ではメジャー初安打を放った。

 敵地デンバーのファンもうならせた大谷が、メジャーリーガーとして順調なスタートを切れたのは同僚2人の存在が大きい。

■「カーテンコールが先だろ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る