代打でも初安打 大谷の順調進化にエ軍主砲2人からの刺激

公開日:

 舞台は標高1600メートルの高地にあるクアーズフィールド。「マイルハイ」と呼ばれ、気圧が低いために打球がよく飛ぶ球場として知られる。とはいえ、試合前のフリー打撃で右翼スタンドの3階席まで飛ばす打者はメジャーでも珍しい。

 打撃練習中に150メートル近い当たりを放ち、スタンドのファンの度肝を抜いた大谷翔平(23=エンゼルス)のことだ。

 9日(日本時間10日)のロッキーズ戦は7―0と大量リードした八回に代打で登場。3番手右腕ポンダースに対し、フルカウントから7球目の変化球を中前にはじき返した。代打ではメジャー初安打を放った。

 敵地デンバーのファンもうならせた大谷が、メジャーリーガーとして順調なスタートを切れたのは同僚2人の存在が大きい。

■「カーテンコールが先だろ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る