逆転勝利の呼び水に 大谷が2点タイムリーで修正力を発揮

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)が、土壇場で勝負強さを発揮した。

 23日(日本時間24日)のブルージェイズ戦に「5番・DH」でスタメン出場し、4打数1安打2打点1得点だった。

 2点を追う九回1死満塁の好機に、7番手右腕クリッパードの外寄りのチェンジアップにバットを折りながらも右手一本で中前に運ぶ同点タイムリー。続くシモンズの打席では、バックホームに備えた前進守備を見逃さず、メジャー初盗塁も記録した。大谷の2戦ぶりの安打が呼び水となり、エンゼルス打線はこの回、一気に4点を取って逆転に成功。シモンズの中前打で大谷が二塁から生還し、これが決勝点となった。

 前日は左腕ハップらブルージェイズ投手陣に封じられて3タコ。この日も4打席目まで、16年の最優秀防御率(3.00)右腕サンチェス、変則左腕ループを打ちあぐねた。日本ハム時代からスランプは短く、メジャーに移籍してからも、ここまで2試合連続ノーヒットはなかった。チームの敗色濃厚な中、大谷は持ち前の修正能力の高さを見せつけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る