逆転勝利の呼び水に 大谷が2点タイムリーで修正力を発揮

公開日:  更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)が、土壇場で勝負強さを発揮した。

 23日(日本時間24日)のブルージェイズ戦に「5番・DH」でスタメン出場し、4打数1安打2打点1得点だった。

 2点を追う九回1死満塁の好機に、7番手右腕クリッパードの外寄りのチェンジアップにバットを折りながらも右手一本で中前に運ぶ同点タイムリー。続くシモンズの打席では、バックホームに備えた前進守備を見逃さず、メジャー初盗塁も記録した。大谷の2戦ぶりの安打が呼び水となり、エンゼルス打線はこの回、一気に4点を取って逆転に成功。シモンズの中前打で大谷が二塁から生還し、これが決勝点となった。

 前日は左腕ハップらブルージェイズ投手陣に封じられて3タコ。この日も4打席目まで、16年の最優秀防御率(3.00)右腕サンチェス、変則左腕ループを打ちあぐねた。日本ハム時代からスランプは短く、メジャーに移籍してからも、ここまで2試合連続ノーヒットはなかった。チームの敗色濃厚な中、大谷は持ち前の修正能力の高さを見せつけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る